培養エンジニアの独り言

細胞培養で自己実現できる世界を目指してます

ひねくれた人間で申し訳ない ~テクノロジーとの向き合い方に自問自答~

私は性格がひねくれている。

自覚はあって、生来の性格、特性によるものと思っている。

これまで気を悪くした人も多いだろうが。

 

特に、テクノロジーに対する考え方は偏っているかもしれない。

ベンチャーに生きる人間である以上、テクノロジーについてはどこまでも

前向きに捉え、「これで世界が変わる」などと吹聴するのが普通かもしれない。

 

ただ、自分にはそういった姿勢が無い。

より正確には、昔はあったかもしれないが、様々な体験、

それに対する考察を重ねていくにつれ、

より中立的な立場から傍観する姿勢に変わった。

つまるところ、

「技術が発達したところで、世間は良くも悪くもならない」

「これまでの生活が、違う形で続いていくだけだ」

と思っている。

 

例えば、スマホが普及したことで確かにビジネス、

娯楽、創作活動など様々な部分が変わった。

ただ、根本的に人間の営みが変わったり、

営みを進めるうえでの悩みが解決されたかといえば、

全くもってそうではない。

人間関係はいつも悩みのタネであり続ける。

経済的な問題に悩む人もいる。

自分と他人を比較しては卑屈になったり、

自分のスキルや能力が高まったところで、

それで満足することなんて無い。

悩みは悩みとして、そこにあり続けるだけだ。

自分の行いを省みても、

Twitter のTLを見ていても、それを感じる。

 

じゃあ、その悩みですらテクノロジーで解決しようなどと

牧歌的に言う人もいるだろうが、

何に期待しているのだろうと思ってしまう。

能力や性格をインストールする未来技術の話を

始めたりする始末で、

いや、そこじゃねえだろと。

結局のところ、そこに人間が介在する限り

どこまでいっても結果は同じな気がしてきた。

まずい、またネガティブな発想に。

 

2年ほど前、仕事の関係者で思考実験を行ったことがある。

自分たちの技術が将来の世界をどのように形作っていくのか?

がテーマだった気がする。

綺羅びやかな世界観を掲げるメンバーが多い中、

自分だけかなり退廃的な世界感をプレゼンしてしまった。

 

記憶している限り、こんな感じだった。

===============================

ある技術者がいた。

理系の大学を卒業し、

培養テクノロジー企業で技術職として働き始めて3年

一通りの仕事を覚えた頃だが、

イマイチ達成感も進歩も感じない日々を送っていた。

 

そんな時、ある娯楽に出会う。

バイオキューブと名のついたその玩具は

小さく包装された粉末袋、真四角の水槽、

水に溶かして使う粉末が入っている。

水槽の中で小型生物が生まれ、

というより、細胞レベルから発生して

個体を作るらしい。

一番興味深いのは、何が産まれるかは

時間が経たないと分からないところだ。

生活に変化を求めていた結果なのだろう。

 

自室に戻ってセッティングして、水槽を眺めてみる。

肉眼で確認できる程度の粒が見える。

ここからどう変化していくのか。

 

観察3日目

肉眼でハッキリとその大きさを視認できる。

早速こんなにも変化がみれるとは。

 

観察7日目

粒はさらに大きくなり、

ただの球形だった粒に形が見え始める。

よく見れば、角のようにも見える。

 

その後、主人公はみるみるうちに

変化していく生物を眺めながら

対して変化できない自分をか見つめることになる。

 

自分の外に対して変化を求めるのは限界がある。

変わるのは自身でしかないと悟っていく。

===============================

 

当時の自分が病んでいたから

こんな世界観になったのかもしれないが、

今でもこの姿勢は変わっていない。

テクノロジーが変わっても、人は人でしかない。

自分の生活が根本的に変わることなど、ありえない。

 

正直、ベンチャーの開発人としては冷めているだろう。

では、自分は何をモチベーションに

開発に向き合えば良いのだろう。

真っ当な社会人であれば、仕事だからと割り切るのが

当たり前かもしれないが、そこを割り切れないのが

愚か者たる所以かもしれない。

でも言い換えれば、テクノロジーと人間の接点について

冷静に見つめることに執着できるのかもしれない。

 

ひねくれた人間で申し訳ない

平沢進インタビュー内容が好きなので振り返る(書き散らし)

平沢進が好きだ。

音楽そのもの、ライブの世界観もそうだが、

なによりもアーティストとしての作品作りに対する考え方、人となりが好きだ。

 

twitter.com

 

その中でも、1990年代インターネット黎明期の

彼のインタビュー内容は特に印象的だった。

 

この内容は、文化とビジネスの均衡を考えるための参考になると考え、

自分でも一度整理してみたいと思っていた。

インタビュー動画は既に動画サイトから削除されてしまったので、

記憶している範囲内で書き起こしてみたい。

 

 

まず平沢進とは

既に多くのネット記事が彼のプロフィールを説明しているため詳細は省くが、

今回の記事との関連性が強い内容として、彼の「音楽の著作権への考え方」がある。

 

dic.nicovideo.jp

 

平沢進の歴史を紐解くと、音楽業界との戦いの歴史が見えてくる。

1990年当時、既に音楽家はレコード会社の管理下のもと、

作品の権利を管理されるのが当たり前だった。

 

権利管理は膨大な業務を必要とするため、この構図はある意味で正しかった。

その一方で、音楽家の自由な活動を抑制する要因にもなっていた。

 

彼はそこに問題提起した数少ない人間だった。

 

 

平沢進とインターネットの関係性

彼がより自由な音楽活動の媒体として選んだのは、インターネットだった。

今となっては生活の必要不可欠であるインターネットだが、

1990年代はまだネットコンテンツはおろか、

家庭用PCの普及率も決して高くない時期だった。

一方で、MP3形式での音源データ圧縮が可能になった時期でもあった。

これは、音楽製品をデータとして

インターネット上で直接やりとりできることを意味していた。

 

そんな時勢に彼がインターネットに注目した理由に、

情報技術によるリスナーとの、より密な関係に可能性を感じたためだ。

 

そして、彼は1990年代後半にレコード会社との専属契約を解除し、

独自の活動に方向転換した。

それを分かりやすく表現したのが、1999年のライブプロジェクト

"音楽産業廃棄物 P-MODEL OR DIE" に現れている。

 

www.youtube.com

 

"音楽産業廃棄物 P-MODEL OR DIE" マニュフェスト(動画から抜粋)

我々は、結成以来20年もの間、より健全で正常な「音楽の伝達」をイメージしながら、この過去遺産的音楽産業の中で、膨大なエネルギーを費やしてきた。

そして、一見不可能に見えたその姿が、誰にでも使えるインターネットと、MP3というテクノロジーにより今、実現される時が来た。

 

我々は今、このテクノロジーの実装とともに、活動環境の再建設を図るべく、

"音楽産業廃棄物~P-MODEL OR DIE" と題した一大プロジェクトを実施する。

インターネットを通じたMP3による音楽配信を含むこのプロジェクトは、少なくとも2000年の到来まで続くものである。

 

インターネットを通じて、リスナーと音楽家を直結するこのテクノロジーは、

悪習と保守主義の権化である、過去遺産的音楽産業の終焉を予感させ、

同時に新しい音楽シーンの可能性を浮上させる。

それは非常に好ましいことである。

 

旧音楽産業は、このテクノロジーの可能性を理解、有効利用することができず、

ただ恐怖し、排除しようとさせしている。

それは音楽を単に消費される工業製品としてのみ捉え、

音楽が本来あるべき姿と、

そこに直結してリスナー共々成長しようとする音楽家の姿勢を有効利用できず廃棄し続け、

ついには売るべき工業製品さえ失い衰退を迎えた彼らの宿命なのである。

我々はこれらの廃棄物を使い、新しい音楽シーンの建設にとりかかろうとしている。

 

我々はまず、このプロジェクトをスタートするにあたって障害となる、

メジャーレコード会社との専属契約を破棄した。

そして我々への進歩的同志の強力を得て、MP3によって新作の発表をする

準備を進めることが出来た。

 

全ての問題が解決したわけではなく、あるいは我々は、何がしかの

反動的組織から、理不尽な攻撃を受けるかもしれない。

しかしこれは、我々がやるべき仕事なのである。

 

同時にP-MODELは、インターネットを使用することによって生じる

情報差別にも注意を払う。

つまり、インターネットに接続しないリスナーのために、引き続き

TESLAKITEレーベルによりCDパッケージのリリースも行っていく。

 

 

このような具合で、リスナーとのより直接的な

コミュニケーションを確立していった。

今となってはコロナ渦の影響で当たり前となっているオンラインのライブ配信だが、

2000年代から実施していたのも、注目すべきことだった。

 

www.youtube.com

 

 

彼のインタビューの中で語られた内容によれば、

平沢進がインターネットを介した活動をはじめた当初、

レコード会社との間でかなりの軋轢が生じたらしい。

 

というのも、それまで上層部の管理体制の中で活動を進めることが

当たり前であったため、ホームページを更新するだけでも許可が必要だった。

しかし、これはインターネットを介した自由で、自発的な活動を阻害するものだった。

楽家にも商業志向な人もいるかと思うが、

自分の作品をリスナーに聞いて貰うことを望む表現者である以上、

何かしらを自発的に発信するのが彼らの性質だろう。

 

また、インターネット上でCD音源を販売することについても同様の問題が生じた。

当時、彼は国内で先駆けてネット上での音源販売を実現させた。

しかし、それまでの音楽業界では、小売店レコード屋、CDショップ)を

介した販売が当たり前であり、それが業界のマネタイズ構造の一部でもあったからだ。 

 

このように、既存の販売ルートを経ないインターネット販売は

排除の対象でもあった。

現在ではそれが当たり前になっており、プロアマ問わず

ネット上で音源を売り買いすることが可能になっているのだが。

 

文化とビジネスの均衡について

 

以上の内容を踏まえ、平沢進はビジネスと文化の均衡について触れた。

 

音楽は元来、伝達手段として開発されたものであり、

それが自発的に創作され、多くの人に共有される文化であるべきだと。

一方で、音楽家として活動を続けていくために、

ビジネスとしての都合を何とかしなくてはならない。

つまり、マネタイズの仕組みは最低限構築する必要があると。

 

ここからはインタビューの内容から離れるが、

彼は時折、一般の音楽家がしないような発信をおこなう。

例えば、自分の音源を一般に公開し、誰でもダウンロード可能な状態にしたり、

ニコニコ動画上でのリスナーの音源使用を黙認したりする。

本来ならば、版権の関係ですぐさま物言いを入れても可笑しくないのだが、

一部の例外を除いて彼はそれをしない。

それは、リスナーが自発的に行う創作により、

自分の作品に様々な解釈がなされ、表現がなされ、

より多くのリスナーに伝達されていくことを知っているかららしい。

それにより、リスナーが音楽の恩恵を享受する文化を大事にすると同時に、

本当のコアなファンを獲得し、今日までビジネスとして成立させてきたと見える。

 

先日、新譜を製作中と発表した。

これからどのような表現が彼から産まれ、

リスナーが共有していくのか楽しみだ。

 

 

その他参考記事

www.cinra.net