培養X年目の与太話

培養、与太話

細胞培養してます。与太話を食って生きてます。

細胞農業のなかのコスメ どう語ろう?

 

1/19コスメ展示会@東京ビッグサイトに参加した。

学びの機会を与えて貰ったことには感謝だ。

目的は自社のオリジナル原料 CELLAMENTの顧客開拓だった。

 

研究開発現場として展示ブースのヘルプをしに行ったわけだけど、

ブースに来る人が何に興味をもって来るのか?

ウチの製品をどう語ろう?と好奇心が先にあった。

なにしろ入社して5年以上経つのに、コスメ分野にほとんど触れてこなかった。

 

普段はデータを積み上げて理論的、客観的であることに徹しているつもりだが、

コスメって必ずしもそうでない印象がある。

なんだか普段のやり方が通用する気もしない。

来場者は研究系よりも商品企画やマーケティング系の人が多いと聞いていたし、

実際そうだった。

事前に配布資料を読んだり、これまでの製品HPを見たりして

「こういった表現で訴求しているのか」と把握しつつも、

コスメ分野らしいトンマナ、研究現場の人間としてどう語るか?

は当日までボンヤリしたままだった。

(例えば、よく聞くシズル感ってホントなんなんだ?)

 

 

当日のブースの対応は来訪者の反応を探りつつだったわけだが

対話のなかで感じたことがある。

  • 自社製品を知っている人は意外と少ない(社名だけ知っている人は多かった。あれだけ膨大な数の展示があるのだし、無理も無いが。)
  • ブースの「細胞農業」が気になって来た人が多かった

そういう来訪者からすれば、

「細胞の農業ってなに?コスメとなんの関係があんの?」

「おたくって培養肉の会社じゃなかったっけ?」

となるはずだ。そういう質問はあったし。

すると、セラメントの実績、強み、効果効能と同じくらい

「なぜ、ウチがコスメをやるのか?」言い換えれば

「ウチが細胞農業の一貫でコスメをやる意味って?」

の説明が要る。

一瞬答えに窮したが、これまでの考察をもとに答えることにした。

 

ウチは細胞培養によるモノづくり『細胞農業』の普及を目指すベンチャーで、食肉生産の実現を目指している。

大規模に食肉を生産するため、どうやって細胞を若々しく保つか?が重要になると考え研究開発をしてきた。その過程で見つけたのが原料の細胞だった。

若々しくする機能がコスメ原料に合致すると考えたのをキッカケにセラメントを開発した。

細胞農業でのモノづくりがサービスや事業に繋がることを世間に示す意味もあった。

 

 

もっと良い説明があったかもしれない。

他にも考えさせられた質問に

「なぜこの細胞を使うのか?他の上清液の細胞との違いは何か?」があった。

科学的なエビデンスを聞きたい意図があったのだろうが、

原料細胞をどんなイメージで捉えたら良いのか?という意味にも聞こえた。

 

多くの上清液はヒトの大人由来の細胞から作出される。

それに対し、ウチの原料細胞は胎児期の卵からのみ回収できる細胞。

大人とは違い、若いとき特有の機能をもった細胞が取れる

事実以上でもそれ以下でもない。

 

昼休憩中、会場内をふらついていたらあるブースで

ヒト毛根細胞順化培養液なるものを見かけた。ヘアケア向けの原料らしい。

毛根細胞を強調すれば毛に効果があるイメージを想起しやすいってことなのか?

その他にも、細胞名や関連されるイメージを強調したブースは多かった。

どんな訪問者も、初見で科学的なエビデンスを吟味する人は少ないのかもしれない。

となると、細胞そのもののイメージを端的に訴求する必要があるってこと?

細胞のブランディング???

乳酸菌飲料に使われる菌(iMuseとか)みたいなやつ?

 

 

振り返れば、訪問者からの反応は考察ポイントが富んでいた。

どうやら細胞農業は、コスメの世界観として一定の機能を果たしているらしい。

細胞農業がフックになって訪問者は「なぜ細胞農業でコスメ?」

「培養肉とどう関連するの?」となる。

そこを説明で解消してあげ、

  • 培養肉の研究過程でしか生まれ得なかったこと
  • 根幹には新しい細胞培養技術があること
  • 今後、ものづくりとして広がりが期待できること

に納得感を得てもらう。

 

うまく説明できれば訪問者は、

理解できるけど少し意外!もっと知りたい!

となるのかも。

 

もちろん、その後の商談・採用に繋がるかは別なのだが、

他社に無いコンセプトで開発している点には納得頂いた様子だった。

会場を歩いて実感したけど、世間は似た商品で溢れかえっているし、

各社が手を変え品を変え魅力をアピールしている。

競合が多いのは当たり前だが、現場であれ程のリアルを見せつけられると

強く意識せざるえない。

 

ところで、原料を探しにきた開発担当者はきっと似た悩みを持つはずだ。

 

で、結局のところ、どの原料が魅力的だったっけ??

 

自社原料が業界初の特異的な機能や効能をもっていたとしても、

似たりよったりな製品があるのは事実だ。

少し歩くだけでも、培養上清原料を配合した製品は10個以上見つかった。

来訪者に自社製品を科学的エビデンスをもとに他社と比較してもらい、

吟味して貰う負荷を強いるのは間違いなのだろう。

それに、コスメ製品は薬機法の都合もあって効果を明確に謳いずらい。

だからこそ、多くの製品にはブランディングやイメージが先行すると分かった。

 

原料に含まれるタンパク因子の濃度で競り合ってもキリが無いし、

別の視点の提案が必要になる。

細胞農業はその点では確かに強い要素だし、

食肉が実現すればコスメのストーリーにも何かしら作用するだろう。

 

 

撤収後の打ち上げの席で聞いた言葉が印象的だった。

「コスメはサインエンスであると同時にアート」

そうかもしれない。

業界的なブランディング理論はあれども、

どこか掴みどころの無い、実態の曖昧な要素がある。

そんな気はした。

 

普段の業務では実験からエビデンスを積み上げて、

その先の客観的な納得感が目的になりやすい。

だけど、コスメ分野ではそれと同じくらい数値化できない

主観的な納得感に重きがおかれる。

これは何というか、好きなミュージシャンを見ている感覚に近い。

魅力をうまく言葉にできずとも、惹かれる人は必ずいる。

とはいえ、魅力的であるってことは少なくとも

ファンである自分にとって納得感につながる一貫された創作の姿勢があるはずだ。

 

勉強になった!!

お疲れ様でした!!!

『たらみ ナタデココヨーグルトデザート』を求めて

 

 

「たらみのどっさり ナタデココ ヨーグルトデザート」が好きだ。

2年前にこの商品を認知してから、ずっと食べている。

ヨーグルト風味の爽やかさも良いし、

何よりもたらみはナタデココの美味い食べ方を追求していると感じた。

ネットで買うと割高になるから近くの大型スーパーで買ってる。

よく買う所だとサミットだ。

初夏~秋にかけて5割引くらいで大量に売り出される。

時季限定のたらみの戦略なのかは知らないが、

本当にこれで良いのかと思ってしまうほどの安さだ。

 

しかし、ある時を境にパタっと売り場から消えてしまった。

あれほど食生活に定着していた蜜月が呆気なく終わり、なんか虚しかった。

別のゼリーにも手を出してみたのだが、やっぱりヨーグルトゼリーが一番だった。

 

そんなとき、仕事からの帰路でOKストアに立ち寄った。

まったく期待せずに夕飯の買い出しをしたのだが、

レジ近くの棚の前を通りかかった時に驚いた。

安く大量に売られている。税抜き98円だった。

堪らず6個買った。

本当は箱で買いたいが、そういう形態では売ってない。

 

冬の間も安く手に入るのだろうか?

もはや毎日食べれるなら悪魔に魂を売っても良い。

そんな食い物に出会えたことに感謝をたらみへ。

どこか気が進まない

職場のミーティングで話題にあがったこと

「食品生産の現場にもSDGsの考え方を適用しなくてはならないのだけど。。。」

食品業界でキャリアを積んだ長老メンバーが言った。

環境負荷を下げなくては。話の背景にはそれがあるらしい。

が、どこか煮えきらない様子だった。

それは自分も同様なのだが。

 

またここでもSDGsか、と思ったのは置いておいて

本当に気になったのはこの後だ。

長老の話は以下のぐあいだ。

 

  • 国、業界を問わず、SDGsの考え方を導入する流れがある。
  • 事業プロセスでの環境負荷に目を向けなくてはならない。
  • カーボンニュートラルの実現に向けた努力が求められているなか、製造メーカー各社もCO2ガス排出量に高めの達成目標を設定している
  • しかし、多くの企業が対策を講じているものの、どう考えても目標を達成することは不可能であるとの空気がある
  • 企業だけでの努力では達成は不可能で、発電システムを自然エネルギーに転換していくといった、社会インフラの変化も無いと厳しい。
  • 単純にCO2排出量を下げる方法として、カーボンニュートラルに配慮した電気を購入することもできるが、製品の製造コストが高くなる。
  • 海外では環境負荷を下げる取り組み成果を企業が公開する動きもあり、投資家からの出資判断にも影響するらしい。
  • 世間の流れとはいえ、モノづくりの現場には厳しい。困ったものだ。

 

人間や動物が住めなくなる地球にするのは良くない。それは分かる。

ただ、とはいえ、一連の話には違和感を感じざる得ない。

正確に言語化できないが、どこか意味も意義も無く振り回されている気がする。

そして、その企業を振り回しているものを突き詰めれば、

結局は未来へのリスクや経済優位性だ。

 

ウチもまだ若いベンチャーだ。投資を受けられないのは困る。

とはいえ、カーボンニュートラルに力を注いだとしても

製造コストが上がって事業の現実味が損なわれるのも苦しい。

食品業界のように低い原価と低価格を求めるタイプの業界にとっては尚更だろう。

何より、本当に不幸だと感じたのは、社内でも社外でも、

周囲の人間の多くがカーボンニュートラルをはじめとする

環境問題を自分事として認識できていないことだった。

言い換えれば、自発的にやるのではなく、

みんな「世間が求めるから、何となく」という態度だ。

ではこの「世間」とは誰のことだろう?

遠いところだと「国」「国連」、近いところだと「協業他社」「投資家」がいる。

ただ、見方を変えれば、その協業他社や投資家も世間の流れに乗っているのに過ぎない場合もあるだろう。

 

ここ20年くらいで騒がれている気候変動が本当に

CO2排出によるものなのかも確定的でない。

CO2濃度と気温上昇がデータ上は相関しているのは事実としても、

本当に世間全体で騒ぐべき論点がソコなのかは誰も知らない。

厳密に答えるのであれば地球と全く同じ惑星を探して、

文明が発展しなかった場合の大気中CO2濃度をモニタリングすれば良いが、無理だ。

もっといえば、様々な対策を講じたとしても、

数十年後に世界環境が改善されているとは限らない。

もしかしたら一連の心配事は人間活動とは関係の無い、

地球の周期的な変動によるものかもしれない。

数十年振り回された挙げ句、「あの努力は何だったんだ?」なんてことも有り得る。

 

本当にそれが未来の自分たちに降りかかる問題なのかどうかは別として、

リスクが金を回していくのだろうか?

 

あーーモヤモヤする。

培養の「当たり前」に目を向ける

                                            

 

仕事で毎日のように培養液を使っている。

培養液とは動物細胞を生かしたり増やしたりするための液体で、培地とも呼ばれる。

ラボでは超がつくほどの消耗品だから、大抵は薬品用の冷蔵庫に入っている。

実験者は使う時に冷蔵庫から取るだけで良い。

ありふれたモノだからか、培養液の中身の成分に意識を向ける機会は少ない。

 

以前、とある仕事で培養液を試作することがあった。

市販で売られている培地の中には、動物由来の原料を極力減らすために

栄養素が豊富に含まれるものがある。

有名どころだと、DMEM/Ham's-F12がある。

あのiPS細胞の専用培養液も同じような成分が入っている。

 

そんな時期に昼ごはんにBase Foodを食べていた。

食べながらパッケージ裏の成分組成を眺めていたら

中身が培養液の成分組成に(完全でないが)かなり似ていることに気がついた。

もっといえば、スーパーマーケットで売っているサプリメント

似たような栄養で構成されている商品が多い。

basefood.co.jp

 

考えてみれば当たり前だ。

人体は細胞で構成されている。

その人体が1日で必要な栄養素が決められているのであれば、

細胞レベルで見ても必要な栄養素が決まっているはずだ。

しかも、栄養の種類はある程度は多ければ多いほど良いのも自然な話だ。

 

もともと培養液は、細胞を体外で生かすため、

体液成分を再現するところから着想を得ている。

体液成分を完全体とするならば、

それは限りなく栄養成分を入れたモノだと考えるのも自然な流れかもしれない。

 

そんな当たり前のことに今更気づいたんですね

寝よう

乗り越えた経験は何かある?

ものすごい曖昧な話。

「仕事で乗り越えた経験は何かある?」

そんな話題を振られたことがある。

虚を突かれた感じになって曖昧な返答しかできなかったのだが、

敢えて言語化してみようと思う。

 

恥ずかしながら、キャリアアップを話題にするネット記事のように、

「社運を賭けたプロジェクトを苦労しながら成功に導きました」とか

「営業で成約を〇〇件とってきました」とか

「入社数年で企画したプロダクトがローンチされました」

といった分かりやすい実績の覚えが無い。

正確にいえば、似た経験は少なからずあるものの、

その体験よりも遥かに強烈な自己変化があったというべきだろう。

印象が強過ぎて過去の仕事の失敗や成功があまり印象に残らない。

 

その大きな自己変化は一言でいえば

「外部からのネガティブな刺激に強く反応しなくなった精神変化」だろう。

ここでの刺激とは主に仕事をしていて起きることが多い。

人間関係、ハレーション、プロジェクトの阻害要因、メンバーが辞めていったり

仕事をしていれば想定できる刺激の種類が数多くある。

4年くらい前まで、それら一つ一つのネガティブな刺激に対して反応してしまう自分がいた。

なにか起きる度に仕事に集中できなくなったりしていた。

 

そんななか、自己変化が生じた。

きっかけとしては4年ほど前に適応障害に陥ったことが影響している。

当時、諸事情で何もかも上手くいかなかった自分は、

自分でも気付かぬうちに大きな精神的なダメージを負っていた。

比較的短期間で済んだものの、仕事から離れる期間があった。

なぜ自分が仕事に復帰できたのかは定かではないのだが、

復帰後の半年くらいの期間は作業コストの大きいプロジェクトからは距離を置き、

小さくとも、会社の進歩に貢献できる開発テーマを中心に仕事をした。

自分が空けた空白を埋めるために別のメンバーが苦労するハメになったが、

そういった対応をしてくれた環境には感謝している。

 

そんな風に過ごしていた期間に、それまでの自分には無かった視点が芽生えた。

一言でいえば、身の回りの出来事を俯瞰して客観的な判断ができるようになった。

ある意味で悟りかもしれない。

例えば、かつて社内にいたネガティブな人間の振る舞いに対しては

人間的な振る舞いというよりも動物的な振る舞いとして眺めるようになったし、

最終的に人間も所詮畜生とまで考えるようにもなった。

子供のころに小学校の飼育小屋に入り浸って鶏を眺めていた経験が活きたのだろうか。

周囲で起きるアレコレを落ち着いて観察し、

自分と関係あると思えば対処法を考える、取るに足らないものと思えば我関せず。

そういった良い意味での取捨選択の発想が育っていった。

人間が集まれば他人のネガティブな噂話で盛り上がったり、

プロジェクトの進行に後ろ向きな態度が見えてきたり、いろいろある。

でもそれらの全てに反応できるほど人間の精神キャパは広くない。

どこかで冷徹さを獲得しないと持続的に動けないのだろう。

 

こういう乗り越える系の話になると頻繁に出くわす締めくくりは

「だから他の人にも同じような体験をして成長して欲しい」なのだけど、

個人としては死んでもお勧めしたくない。

たしかに良い面はあった。

状況の視え方は変わったし、過度に心かき乱されることも格段に減った。

周囲からも年齢の割には落ち着いているとか、

マネージャー的な視点があるとか評価を貰うことがある。

とはいえ、こういった経験や過程はあくまでも結果的に起きるものであって、

意図して引き起こしたりするものでは、決して無い。

下手をしたら本当の意味で精神的に崩壊して

社会活動からフェードアウトした可能性だってあったはずだ。

とはいえ、結果的にいまの精神性になった事実がある以上、

過去の経験には感謝する他無い。

 

ベテランと言われる人々も、少なからず似たような経験があるのでは???