培養エンジニアの独り言

細胞培養で自己実現できる世界を目指してます

供養はやり込みゲームのような

故人の供養に必要なのは供養する人間の真心だと言われている。

そう思っていたが、供養はもっとシステマチックらしい。

 

帰省した時に母親から聞いた話

母親の旧友に霊感持ちの人がいる。

その人は昔から度々霊を引き寄せ、心身に不調をきたしてきた。

ところが最近になって霊能力者に弟子入りしたらしく、

不調の原因だった幽体離脱も大分軽減したと話していたらしい。

母親はよくその旧友と会っては、たびたび奇妙な話を土産話に持ってくる。

 

その友人が言うには、そもそも供養の目的は

先祖の霊的レベルを高めることだと

レベルを高めれば、生きている人間を助けたり、

守護したりする能力が高まると

くわえて、供養に必要なのは真心も重要だが、

単純に拝む回数が重要らしいと

 

多くの人は家に仏壇でもない限り、

先祖に対して拝むのはお盆や彼岸の機会だけで、

年に数回の機会だろう

 

しかし、それでは先祖のレベルを高めるには不足らしい。

故人の戒名で死んだ段階からレベルを上げることも出来るが、

レベルがMAX100あったとしたら、それで上げられるのはせいぜい5くらいだと

 

だから、地道に回数を重ねていくことが重要らしい。

スマホゲームのように課金のような概念は無い。

単純に地道なコミットが必要だと

 

それを聞いて、昔の、特に2000年代くらいのPS2 ゲームを思い出す。

課金などなく、単純、システマチックにプレイヤーがキャラのレベル上げに

時間を費やすあの感じ。

 

そういえば今年はコロナのこともあって盆参りに生きていない。

先祖皆々様のレベルを上げるために、帰省したら季節外れの墓参りでもしよう

 

そう思った8月末