培養X年目の与太話

培養エンジニアの与太話

細胞培養してます。与太話を食って生きてます。

牛込の土地に縁を感じた話

自分が所属するインテグリカルチャーは牛込(東京都新宿区)にある。

この土地で仕事をスタートしてから 早3年になろうとしているが、

今更ながら牛込に縁を感じている。

 

地名が示す通り、牛込は歴史的に酪農が盛んだった。

起源は大宝律令が制定された時期で、その歴史は1000年以上続いた。

つまり、古くから農業に縁のある土地だったことになる。

そんな土地で、新たな農業「細胞農業」を始められたのは、

単に偶然が重なっただけなのだが、全てが偶然には思えないくらい

会社のキャラクターにフィットしたストーリーだ。

 

加えて、牛込は昔から文学など小規模のコミュニティでの

個人の活動が盛んな地域でもあった。

あの文豪、夏目漱石も牛込周辺に住んだ人間の一人で、

彼の名前がついた資料館がある。

 

インテグリカルチャーも元々は小さな趣味サークルとしての

コミュニティが発端になっている。

コミュニティはマイナーであればあるほど、

内輪の絆が強く、かつ新しいことにチャレンジする傾向がある。

 

土地の歴史と会社の歴史が一致している。

こじつけのようにも感じるかもしれないが、私は縁を感じてならない。

 

偶然なのか、必然なのか?