培養 X年目の無駄話

細胞培養してます。テクノロジー関連、日々気になった事をアレコレ書きます。

憧れって時に呪い

社会人3年目になると、学生時代から価値観の変化に驚くことがある。

ある側面では弱くなったし、ある意味では強かになったのかも。

できれば、この変化が自分にとってプラスになるように。

  

 

つい先日、こんなことをツイートした。

 

 

 

これは社会人になってから3年間の体験を元に書いた。

自戒の意味も込め、なぜそう思うようになったかの背景を書き出す。

 

 

自己の軸はどこだっけ?

大学高校問わず教育の話題に目をやれば、『これからのリーダーを教育する』みたいなキャッチフレーズが多い。

背景としては環境問題や高齢化、貧困など社会課題があり、それを解決するには旗振り役となる人間が必要になる。だからリーダーが必要だ、らしい。

まあ、理にはかなっている。

 

ただ、個人的な信条を述べるならば、リーダーになる部分を強調されたスローガンを持ってこられると「オイオイ、コイツら大丈夫かよ?」と思ってしまう。

リーダーになることが働く目的になってる場合も多いからだ。

そういう人間にとって、課題解決なんて二の次で、自らのキャリアアップ、社会的ステータスを確保するためリーダーになる、が先行する。例えば、マネージメントできると、収入が約束されるぞ!とか。

学生時代の自分も同じだったから、今となっては恥ずかしい限りで、同じような勘違いは二度と起こすまいと思っている。

というのも、自分にとって働くために本当に重要な要素は、ロジカルな考え方でも、人脈でも、声のデカさでもなく、「自己の成長軸を何とするか」だと気付いたからだ。

 

自分は何が得意で、何に問題意識を持つ人間なのか?が不明な状態で「リーダー目指そう」は呪いにしかならない。

リーダーと聞くと、どうしても様々な能力に秀でたハイスペック人間を想像しがちだが、本当に優秀なリーダーは自らがある部分で有能であることも、反対に、ある点では無能であることを理解している。

だからこそ、自分の短所を補ってくれる人間を近くに配置して、敬意をもって仕事を任せる。だから、個人の裁量で適切に仕事が進んでいく。

業務が円滑に進むために善処することが仕事の原理原則であるなら、尚更だ。

 

 

憧れは時に呪いになる

職場しかり、学校しかり、それなりの規模の組織に所属していると、自分にとっての憧れの対象がいたりする。それはプロジェクトリーダーとして高い成果を上げる年上かもしれないし、趣味の分野で特殊スキルを持つ同僚とか。

憧れは仕事の動機にもなるのだが、それに依存し過ぎると痛い目にあうこともある。

そもそも、なぜ他人が自分の憧れ対象になるかといえば、その人間が自分には欠けている部分を満たしているからだろう。

彼(彼女)を目指したいと思ったとしても、大抵の場合それは叶わない。

なぜなら、憧れ対象が憧れたらしめる背景には、自分とは全く異なる人生のバックグラウンドが存在するからだ。

もしかすると、その人は幼少期からある能力を磨き続けてきたのかもしれない。

積み上げてきたものの差は、いつまで経っても完全に埋まることはない。

彼(彼女)もスキルアップをし続ける。

それよりも、その人と違う特性の部分で勝負したほうが圧倒的に良い。

だからこそ、自分の軸や特性は理解した方が良い。