Culture Square

細胞で自己実現を目指す細胞農家のブログ 備忘録やら創作活動の話やら

細胞培養してる我々は詰まるところ農家なのだけれども、結局現実の農家さんの方が大変

f:id:ibunyayugo:20190428235815p:plain

 

細胞農家として仕事しています。

細胞農家といってもこれは自分で勝手につけた職業名であり、世間一般には細胞研究者とか細胞培養士みたいな風に呼ばれることがあるようですね。

 

なぜ農家という言葉を使うかというと、自分の生活が完全に細胞に支配されているから。

毎日のように細胞の世話に追われるから

奴ら(細胞)は自分で餌を取れないので、定期的に人間が餌(培養液)を与えなくてはならない。

個体の生物のように、免疫機能を持っているわけでもないので、カビやら雑菌が培養液に入ったら高確率で終わる。

個体でもないから、自分で快適な場所を求めて移動したりもしない。

(ミクロな世界では、実は細胞が特定の因子を求めて彷徨うことはある。)

生育環境は人間が用意して、奴らの快適な環境を創ってあげないとマズイ。

しかも、とてつもなく餌代が掛かる。

これで結果出せなかったら皆死ぬぞ!と。

 

勿論、実際の畜産農家さんの方が大変なのは分かってます。

毎日乳を搾ったり、餌をやったり。

以前会った農家さんは毎日3~4時間睡眠で世話をしてると言っていた。

俺らよりハードはじゃないか。

 

そういえば経験則的に病気かどうかも分かるって話、細胞にも当てはまるような。

長年細胞を見てきた猛者先輩は、第六感のようなもので細胞の未来を予知するものまでいる。

 

俺もそんな農家になれっかな?