Science & Culture Lab

科学技術+コンテンツ+文化 → 社会実装を目指します。

Shojinmeat Projectの状況を時系列で追ってみた。~2016年総括と2017年出だし~

色々あったぜ!2016年

2017年が始まってからかれこれ2か月が過ぎようとしています。
そんなわけで去年のことを今一度振り返りつつ、今後を考えようと思いました。

 

去年の大きな動きとしては、やはり「同人誌」の執筆・頒布がありました。
これは広報の点でも仲間集めの点でも、非常に大きな効果を発揮しました。
事実、これをやったあとでネット上での培養肉の議論が多く見られるようになってます。

 

f:id:ibunyayugo:20170226164251j:plain

 

 

簡単に去年のことを時系列にまとめてみました。

www.slideshare.net

 

 

今後の方針としては、
「半年に1回は同人誌新刊を頒布する」は崩さない方向でやっていこうと思います。
これはもう僕らのパーソナリティーとして確立しつつあるものであり、
これが無ければ死んだも同然レベルで考えているからです。

 

僕らが描いている夢や未来予想図は、きっと誰かの未来予想図でもあると思っています。同じ夢を共有できる仲間を増やしていくことは、今度重要な課題でしょう。

 

 

 

色々ありそうだぜ!2017年

さて、2017年ですが始まって2か月ではあるものの色々起こっています。
まず、ニコニコ技術部繋がりの人と共同で「卓上純肉製造装置」の試作機をつくることになりました。

 

アイディアよりも実物重視なので、未発達でも創っておくことにしました。
僕らの未来への妄想を加速させるきっかけにもなります。

f:id:ibunyayugo:20170227142225j:plain

 

 

またこれはつい先日のことになりますが、Shojinmeat 代表の羽生が出場した
シンギュラリティ大学のピッチイベントで最優秀賞を獲得しました!!
スライドはこちらに公開されています。

 

 

www.slideshare.net

 

 

 

後日、直ぐに大会のレポート記事が投稿されていました。
またもや羽生が「年収60万 実家暮らし いない歴=年齢」というパーソナリティーを全開させていたことが分かりました。

 

出場者の中で、最も色々捨ててる感じがにじみ出ていたのが効いたらしいです。

 

homilog.hatenablog.com

 

 

そんなわけで、結構良い滑り出しを見せているShojinmeatです。
今年も「精進」していこうと思います。

 

おあとがよろしいようで。。。 

 

 

------------------------その他の関連記事はこちら---------------------------------------

twipla.jp

 

togetter.com