Science & Culture Lab

研究開発+コンテンツ+文化 → 社会実装を目指します。

「研究者の目線を持つ〇〇」という希少価値

研究者というと、どんなイメージを持つでしょうか?

「常に実験室にいる。実験と論文書きしかしない。」
といったイメージをお持ちの方もいるはずです。

 

実際、Twitterでもこんなツイートを見つけました。

 

 

 

一昔前は研究者(さらに言えば理系人間全体)は、ラボで研究・事務をするのが普通だったかもしれません。
しかし、最近ではラボでの実験以外の仕事をしている人も多くなりました。
就活サイトを見ていても、理系向けの求人にはコンサルや金融といった俗にいう文系職も増えてきました。

 

 

こうなってくると、社会における「研究者」の立ち位置を考えざるを得ません。
なぜこんな構図になっているのでしょうか?
僕個人の考えとしては、「研究者(研究職)=職業」という固定概念が定着しているためとしています。
しかし、「研究者の目線を持つ〇〇」というステータスを持ち込むと、研究者の存在意義が広まると考えています。

 

 

 

そして、もっと視野を広げれば多種多様な活動・仕事をしている人がいることに気が付くはずです。今回はそんな話を書きます。

      f:id:ibunyayugo:20170307135101p:plain

 

 

 

とある作家さんの話

 

先日、研究者である一方作家として活動をされている「森日向さん」に会う機会がありました。彼は研究員として働きつつ、主にファンタジー小説を軸に執筆をしていました。話によると、過去に科学系の小説も書いたこともあるのだとか。

 

twitter.com

 

 

科学系創作物が商業的にのるか否か?は別の話ですが、それが書けるのは
研究者+作家(クリエイター)というステータスがあってこそなわけです。
創作物については過去の記事をご参考に。

 

sciencecontents.hatenablog.com

 

 

 

とあるお笑い芸人さんの話

 

この方は科学コミュニケーションの分野で有名な方です。
吉本お笑い芸人「黒ラブ教授」さんです。科学系ネタを軸にライブなどで活躍している一方、大学で働く現役の研究者でもあります。

 

twitter.com

 

 

科学系という一聞すると敷居の高そうなネタではありますが、
それを彼は芸人トークで分かり易く伝えていきます。
こういう科学者がいるということは、是非様々な方に知って頂きたいことです。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

とあるグラフィックデザイナーさんの話

僕がお世話になっているグラフィックデザイナーさんも元研究者でした。
特に結晶構造解析といった生物物理分野の事を把握しているため、
科学系CGに対して、正確性と芸術性の双方からアプローチができる点が大きいです。

 

 

他のグラフィックデザイナーでいうと、SCIEMENT社の瀬尾拡史社長が有名です。
この方はお医者さんですが、医学系の知識をもとに医療現場を変えることをミッションに活動しています。

www.sciement.com

 

 

 

このように、研究者の活動の幅を広げるロードランナーが出てきています。
同時に、研究者の働き方も多様化していくるのではないでしょうか?

 

 

本日の結論

「研究者」は職業じゃない、ライフスタイルだ!!!
研究者に出来ることは無限にある。

 

そんな世界をみんなで創って行こう。

未来の食肉生産を「デザイン」で体感してみた。

 昨日行ってきました静岡文化芸術大学の有志展示会のレポートです。

場所は六本木のAXIS ギャラリー。都会の良い立地でした。
以前 Shojinmeat Project と繋がってから、一緒に活動をしているYoshitake さんの作品を見に行ってきました。

 

 

イベント | AXISビル | AXIS

 

 

卒業制作に純肉の社会実装デザインを起用してくれたのは驚きでした。
本人の話によれば、今回の作品はスペキュラティブ・デザインによって未来の食肉生産における問題提起や議論を喚起するきっかけにしたいとのことでした。

 

 

デザインというと、服や車の「見た目」を設計するということに捉えられがちではありますが、実際はどう社会に実装していくか?などといった「プロセス」や「コンセプト」もデザインの対象に挙げられます。デザインとは、僕らの生活と一体なんですね。

 

 

スペキュラティブ・デザインについてはこちらから

10plus1.jp

 

 

 

実際の展示ですが、まず目についたのは住宅で肉を生産する機械のコンセプトモデル。
塩化ビニルと厚紙で外観を造形し、中の肉は毛糸で表現しています。
実体物で見せられるという点で造形には3Dプリンターには無い良さが感じられます。

f:id:ibunyayugo:20170312010459j:plain

 

 

次に食肉生産における問題提起のパネル。
論文のそっけない情報も、デザインによってここまで見やすく整理されました。
3色以上を使わないのがポイントとのことでした。

f:id:ibunyayugo:20170312010518j:plain

 

 

次に実際の純肉生産プロセスの説明図。
下の円グラフの形式は初めて見ましたが、分かりやすい!
今度発表資料に使ってみようと思います。

f:id:ibunyayugo:20170312010526j:plain

 

 

そして一番気になったのがこれでした。
真ん中で左右2つのグループにカテゴライズしています。
左は純肉のアクティブユーザー、左はパッシブユーザーです。
それぞれのグループの人間の思想、社会的意識、住む環境によって分類し
それぞれに相応しいされる純肉との付き合い方を提案しています。

f:id:ibunyayugo:20170312010600j:plain

 

新規技術で世界を変えることを目的にした研究者にとって、重要な課題があります。
それは「技術だけの議論だけでは社会実装には至らない」という点です。
技術のユーザーが発生する以上、彼らの立場から最適な技術との付き合い方を提案していく必要があります。
アップル社のiPhoneはユーザー体験を突き詰めた結果とされてますが、ユーザーがどのように使い、どのように社会に浸透していくか?を提案していかなくてはなりません。
今回の作品は、それを感じさせてくれるものです。

 

 

普段はラボで実験するのみの自分とって大変良い刺激となりました。
なお、今回の作品については夏に発行する同人誌でも解説する予定です。

 

 

なお、詳細な情報はこちらから 

www.slideshare.net

 

 

「なぜ必要なのか?」「どうやって肉を作るのか?」
「それをどう社会に実装していくのか?」
など、情報発信のノウハウが溜まっていないのが純肉の業界。

 

 

今回の作品は、ノウハウの改善や方向性を考えるために大いに波及する
可能性を含んでいると言えます。