Science & Culture Lab

研究開発+コンテンツ+文化 → 社会実装を目指します。

どこかの合成系ラボで見たことある光景 ~有機合成~

f:id:ibunyayugo:20170625172936j:plain

 

皆さんは有機合成をご存知でしょうか?

端的にいえば、ラボレベルで新たな機能性分子を合成する研究分野のことです。

新たな分子が完成した時の感動は凄いものですが、その過程は非常に長く険しいものです。

2~3時間置きに1回する作業を何回も繰り返すなど、あまりにも長い実験の拘束時間により、セブンイレブン(朝7時~午後11時)」とまで揶揄されるラボすらあるほどです。

 

 

さて、先日Twitterを見ていたら『アイドルマスター』シリーズの一ノ瀬志希をモチーフに使った有機合成ネタ画像が投稿されていました。

同じラボのメンバーが同じような状況に陥っていたのを思い出し、あまりにも共感する内容だったのでご紹介します。

 

実験をやってる人しか分からないネタではありますが、
「研究って大変なんだなぁ」と思って頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

一ノ瀬志希についてはこち

dic.nicovideo.jp

 

 

まだまだアナログな生ものづくり

f:id:ibunyayugo:20170618125933p:plain

 

Shojinmeat Projectから、ニコニコ動画に新しい動画がうpしました。
今回は細胞培養のメソッドについて紹介しています。
細胞を扱っている研究者は日常的に行っている作業ですが、
果たして馴染みの無い人たちの目にはどう映るのか??

 

今回の動画はメンバーのYukiさんに作って貰いました。

 

 

 

こうやって改めて自分たちが普段やっている作業を見ていると、
「全自動化 早う」と思ってしまいます。

 

それと、早く家庭レベルまで降りてこないかなぁ。

 

それは自分たちのミッションなんですがね。